【自閉症スペクトラム】我が家の2人の発達障害児。0歳〜1歳までの発達を健常児と比較。あなたの赤ちゃんは?

2人の発達障害児の子どもをもつママ、タムきち(@tamukichi_net)です。

私のブログの中でよく読まれている記事がこちらです。

【自閉症スペクトラム】赤ちゃんの月齢別成長と娘の特徴を比較「あなたの赤ちゃんは?」

2016.07.03

この記事は広汎性発達障害(=自閉症スペクトラム)長女と健常児の赤ちゃんの成長を比較しています。

今回は広汎性発達障害軽度の長男(第2子)の情報も加え、健常児の成長を比較してみました。

スポンサーリンク

健常児だと思ってました

第1子の長女は7歳現在、広汎性発達障害最重度です。
今思うと、長女の場合は重い発達障害だったために、健常児と比べると違いが分かりやすかったように思います。

長男の場合、2歳現在広汎性発達障害軽度と診断されています。
長女と比べるとだいぶ軽いので、健常児との違いもそこまで分かりませんでした。

タムきち
長女のことで、長男も発達障害を疑っていました。
でも明らかな発達障害の兆候がなかなか現れず、「この子は健常児だー!」って思っていました。

平均的な健常児の成長と、長女と長男の様子を比較していきます。

スポンサーリンク

生後2〜3ヶ月

「あー」「うー」と喃語が出る時期
ママが呼ぶとママの方を見たり、あやすと笑う

1

広汎性発達障害最重度の長女

長女はこの時期近くにあるおもちゃを触ろうとしたりはしていましたが、あやしても笑いませんでした。

予防接種や保健所での3ヶ月検診の際に「視線が合わない」「追視しないね」と言われていました。

広汎性発達障害軽度の長男

近くにあるおもちゃを見つめたり、手を伸ばして触ろうとしたりしていました。
おもちゃを触りながら声も出していました。

生後2ヶ月になる前から、私や夫をじーっと見つめており、しっかり目が合っていました。

あやすと笑っていました。

タムきち
おもちゃを触るし、目も合うし、あやすと笑ったり声も出したりする。
長女とだいぶ違うし、健常児でしょ?

って思っていました。

スポンサーリンク

生後4〜5ヶ月

生後4ヶ月までには首がすわるといわれている

2

広汎性発達障害最重度の長女

首がしっかり座ってきたため、うつ伏せや腹ばいをさせていました。
積極的に手や足を動かし、おもちゃを必死に触ったり少しずつ移動していました。

視線は割と合っていたと思います。

広汎性発達障害軽度の長男

首は座っていました。
抱っこする時、手で頭を支えなくてもグラグラせず安定していました。
うつ伏せにしてみると、少し首がグラグラしていたもののかなり高い位置まで頭を上げることができました。
だいぶ体を捻ることができるようになり、寝返りまであと一歩といったところでした。

長女同様、手や足を活発に動かしていました。
たまに手を口の中に入れたりもしていました。
少し離れたところから近づくと、こちらをじっと見つめてきました。

タムきち
2人とも運動面は問題なさそうだった。

スポンサーリンク

生後6ヶ月

手を前につけばひとり座りができるようになる
寝返りができるようになる時期
人見知りもはじまる

3

広汎性発達障害最重度の長女

まだ座ることはできませんでした。
寝返りはできるようになり、仰向け→うつ伏せも楽々
でした。

右手と左手を触って遊んでいました

離乳食はモグモグとたくさん食べていました。

広汎性発達障害軽度の長男

長女同様まだ座ることはできませんでした。
バンボに座らせると安定していました。

安定はしないものの、日々寝返りに挑戦していました。
目を話すと知らないうちに体勢が変わっていることもしばしば。

右手と左手が出会うようになり、1つのおもちゃを両手で持つことができるようになりました。

離乳食は口をパクパク開けて食べていました。少し少食気味でした。

タムきち
発達具合、そこまで変わらないです。
運動面では2人ともほぼ同じで、違うのは目が合ったり、あやすと笑うかどうかくらい。

スポンサーリンク

生後7ヶ月

おすわりができるようになる
両手でおもちゃを触ることができる時期

4

広汎性発達障害最重度の長女

腹ばいは上手になり、腹ばいの状態でおもちゃの上に顎を載せてみたり、腹ばい中に眠ってしまうこともしばしば。
たまに、ニヤニヤニコニコしていました。
おすわりはまだできませんでした。

広汎性発達障害軽度の長男

寝返りに挑戦する日々。
勢いをつけて一旦うつ伏せになっても、勢いが止まらず再び仰向けになったりしていました。

チラシに興味を持ち、クシャクシャ触っていました。

長女同様おすわりはまだできませんでした。

スポンサーリンク

生後8ヶ月

おすわりの状態で両手遊びができるようになる時期
ハイハイ(ずりばい)ができるようになる
呼ぶと振り返る
「いないいないばあ」が大好き

5

広汎性発達障害最重度の長女

ニコニコの頻度が高めになりました。

しかけおもちゃ(引っ張ると紐が出るなど)に興味を持つようになりました。

離乳食は1日3回食。
食べることが大好きで、思わずご飯に手が出ることも。
偏食は特にありませんでした。

まだおすわりはできませんでした。
ずりばいや振り返りもなく、いないいないばあにも興味なしでした。

広汎性発達障害軽度の長男

あやすとよく笑っていました。
たまに声も出しており、この頃はよく「ゔーん」「ゔーん」と言っていました。

音が鳴るおもちゃに興味津々でした。
自分でボタンを押すことはできなかったですが、私が押すと喜んで足をバタバタさせていました。

初めは順調だった離乳食ですが、だんだんと食べる量が減ってきました。

腹ばいの状態で腕を伸ばしてみたり、自分の手を使い好きな方向に体を動かすことができるようになりました。

おすわりはできず、ずりばいはもう一歩。という状態でした。

タムきち
これから、長男はどんどん偏食っ子になっていきます…

スポンサーリンク

生後9ヶ月

ハイハイのスピードが上がる
つかまり立ちが始まる
「バイバイ」「バンザイ」など手を挙げた動作をし始める子もいる

6

広汎性発達障害最重度の長女

8ヶ月の長男同様、腹ばいの状態で腕を伸ばしていました。
また、ピョンピョンと足を動かして遊んでいました。

ご機嫌の時は舌をベーっと出していました。

頑張ればマグマグで飲み物が飲めるようになってきました。
食欲旺盛なので(笑)

ハイハイ、つかまり立ちは出来ず、バイバイ等の動作もありませんでした。

広汎性発達障害軽度の長男

腕と足の力で少しずつずりばいができるようになっていました。

方向転換もできるため、おもちゃが置いてある場所まで角度を変え、進み、おもちゃを手に取っていました。
時には後退して床とソファーの隙間に挟まって出られなくなってしまうことも(笑)

手をついて、かなり斜めな姿勢でしたがほんの僅かな時間、おすわりができるようになりました。
おすわりと呼べるのか?レベルでしたが。

よく声を出すようになり、嬉しい時には「キャッキャ」と言ったりしていました。

ずりばいは出来ましたが、ハイハイやつかまり立ちは出来ず、バイバイ等の動作もありませんでした。

タムきち
長男の方がいろいろなものに興味を持ち、積極的だったかなと思います。

スポンサーリンク

生後10ヶ月

つたい歩きができるようになる
後追いが激しくなる時期
ティッシュを何枚も出したり、絵本に興味を持ち始める
(ママがお話をするのが好き)

7

広汎性発達障害最重度の長女

雑誌に興味をもち始めました。
大人が読んでいると気になるのか、めくる動作をしました。

11ヶ月を過ぎるとおすわりができるようになりましたが、その後ティッシュを何枚も出すのが大好きになりました。

小さい月齢での外出に抵抗があった+インドア好きだった私は、この頃からようやく長女を外食に連れていきました。
飲食店でも家と同じように大人しくいい子にしていてくれました。
パニックを起こすことも全くありませんでした。

タムきち
当時は発達が遅れているだけかなーなんて思ってました。

広汎性発達障害軽度の長男

まだ手をついた状態ですが、真っ直ぐおすわりができるようになってきました。
短い時間なら体勢を保てますが、長時間は難しそうでした。

それから半月ほど過ぎると、手をつかず、おすわりできるようになりました。
座ったままおもちゃを触ることもできました。

あやすと力一杯足をバタバタさせて、声を出してケタケタ笑うことも。

離乳食はあまりにも嫌がるので、頑張って一口食べさせて終わり状態でした。

タムきち
味のこだわりが出てきたのかな?と思っていました。

スポンサーリンク

生後11ヶ月

手を話してたっちができる子もいる
欲しいものを指差しする
「ワンワン」など簡単なことばを話しはじめる子もいる

8

広汎性発達障害最重度の長女

生後11ヶ月でうつ伏せからのおすわりができるようになりました。
ただしまだ上手くいかず、片足は真っ直ぐ、もう片足は曲げた状態でのおすわりになってしまっていました。

脇を持って支えてあげれば、なんとか立っているような形にはなりました。
歩行器に座らせてみたけれど、やっぱりまだ座ってしまいました。

指差しやことばは全くありませんでした。

広汎性発達障害軽度の長男

長女同様、うつ伏せからおすわりができるようになりました。
うつ伏せから手を思い切り伸ばして座るので、片足が曲がりもう片足が真っ直ぐの状態か、両足とも曲がった状態でのおすわりでした。
ずりばいも積極的にしていたので、どこへでも移動しおすわりできるようになりました。

歩行器に座らせると、足を使って移動しようと頑張っていました。

おもちゃでよく遊んでいました。
おもちゃを触るだけではなく、バンボの中に入れたり、遊び方が広がってきました。

声はよく出していましたが、指差しやことがはありませんでした。

スポンサーリンク

表にしてみました。

表でわかりやすくしてみました。

月齢 一般的な発達 長女はできる? 長男はできる? 長女ができるようになった時期 長男ができるようになった時期
生後0ヶ月 1日中飲んで寝ての繰り返し
生後1ヶ月 手足バタバタ、顔を動かす
あやすと顔を見ながら笑う × × 生後4〜5ヶ月 生後2〜3ヶ月
生後2ヶ月 「あー」「うー」の喃語 × × 生後3ヶ月
呼ぶと首を動かして見る × ×
腹ばいで少しなら首が持ち上げられる × × 生後4ヶ月 生後4ヶ月
生後3ヶ月 動くものを目で追う
おもちゃを握る
声をあげて笑う × × 生後7〜8ヶ月 生後6ヶ月
首がすわる × 生後4ヶ月
生後4ヶ月 手を伸ばして近くのものを掴もうとする
腹ばいで首が持ち上げられる × × 生後5ヶ月 生後5ヶ月
生後5ヶ月 腹ばいのままおもちゃを掴んだりできる × × 生後6ヶ月 生後6ヶ月
寝返りをはじめる子もいる × × 生後6ヶ月 生後6ヶ月
生後6ヶ月 寝返りが上手にできる × 生後7〜8ヶ月
手を前について猫背の状態でおすわりができる × × 生後10ヶ月 生後9ヶ月
歯が生え始める
人見知りがはじまる × × なし
生後7ヶ月 おすわりができる × × 生後11ヶ月 生後10ヶ月
両手でおもちゃが掴めるようになる 生後6ヶ月
おすわりの状態で両手遊びができる × 1歳0ヶ月
生後8ヶ月 ずりばい、ハイハイをしはじめる × × 1歳0ヶ月 生後9ヶ月
呼ぶと振り返る × 生後9ヶ月
「いないいないばあ」が大好き × × 1歳前後
ハイハイが上手になる × × 1歳1ヶ月 1歳0ヶ月
生後9ヶ月 つかまり立ちができる子もいる × × 1歳2ヶ月 1歳0ヶ月
「バイバイ」「ばんざい」など手を挙げて大人の真似をする × × 1歳代(バイバイはしばらくすると出来なくなった→7歳0ヶ月現在も) “ばんざい→1歳代
バイバイ→2歳になってから”
つたい歩きがはじまる × × 1歳4ヶ月 1歳0ヶ月
生後10ヶ月 ティッシュを何枚もひっぱる × × 1歳 1歳1ヶ月
後追いが激しくなる × × なし 1歳代
絵本に興味を持つ(ママが話をすることが好き) × × 2歳 1歳4ヶ月
たっちができる × × 1歳3ヶ月 1歳3ヶ月
欲しいものを指差しできる × × なし(クレーン現象のため) 2歳代(それまではクレーン現象)
生後11ヶ月 「ワンワン」「バイバイ」など簡単なことばを話しはじめる × × まだ(7歳0ヶ月現在) まだ(2歳6ヶ月現在)
「ちょうだい」と言うと、おもちゃを渡してくれる × × 1歳代 1歳代
人見知りが激しい × × なし 1歳4ヶ月(保育園入園で大泣き)

長女はともかく、長男はそこまで発達遅くないと思っていました。
でも比較して見ると、長女とそこまで変わらないですね。

長女と長男の違いは、大人とのコミュニケーション。
長女は必要以上に目が合わず、滅多に声を出したり、ニコニコすることは少なかったです。
長男はよく目が合い、声を出し、ニコニコして関わり合おうとしてくれました。

タムきち
発達具合はあまり変わらなくても、コミュニケーション要素の違いが大きかったのかもしれません。

スポンサーリンク

自閉症軽度は気付かれにくい?

9

長女のように最重度の自閉症の場合には、

  • 目が合わない
  • 指差しせずクレーン現象
  • 無表情なことが多い
  • 発語なし
  • 笑う時以外、ほとんど喃語もない

健常児に比べて「あれ?」と思うことが多く、周り(保育士や医師)から見ても発達障害ではないかと見られることも多いです。
健常児を産んだことがないママだと気付きにくいかもしれませんが、周りから声を掛けてもらえるので小さいうちから分かりやすいです。
実際長女の場合もそうでした。

タムきち
いくら初めての子でも、「なんだかこの子は違う…」とは思っていましたが。
周りから療育センターの受診を勧められていました。

長男の場合は、

  • 目が合うとニコニコする
  • クレーン現象だが、もしかしたら長女の真似をしてる?
  • 表情豊かでよく笑う
  • 発語はないが、男の子だし少し遅れている?
  • よく「あー」「うー」と言う

と、少し遅れている健常児なのかと思っていました。

タムきち
自閉症だったらきっと目が合わないよね。
だから長男は健常児かなって思ってました。
願いも込めて、ね。

長女は0歳の頃から「なんだかおかしいぞ」と思っていましたが、
長男は2歳を過ぎてもひどい偏食(食べ物は全く食べず、粉ミルクを哺乳瓶で飲むのみ)で、相談がてら行った療育センターで発達検査を受け、やっと広汎性発達障害(=自閉症スペクトラム)と診断されました。

タムきち
診断されても「長男も発達障害…ほんとかなぁ」ってはじめは思っていたくらいです。

早期発見という点では、重い自閉症の方が気付かれやすいと思いました。

スポンサーリンク

おわりに

今回は自閉症関係でよく読まれている記事が古かったので、長男情報も加えて再度まとめてみました。

自分の子どもがもしかしたら発達障害かもしれない。
と思っている方のお役に立てると幸いです。

おわり。

ABOUTこの記事をかいた人

タムきち

7歳の娘(広汎性発達障害最重度)と2歳の息子(広汎性発達障害軽度)とパパの4人で暮らし毎日奮闘している31歳のママ。(会社を辞め、現在フリーランスとして活動中) 楽しそうでブログを始めました。 iPhone、Macやガジェットがだいすき。最近はミニマリストに憧れていて、ミニマリストの考え方や手持ちアイテムなど紹介していきたいと思っています。