ミニマリストのホーム画面=アプリが少ないではない【整理整頓の方法を紹介】

「iPhoneのホーム画面をスッキリさせたい。
ミニマリストはホーム画面も整理整頓されているのではないだろうか?
ホーム画面がごちゃごちゃしているのでアプリ探しに時間がかかったり、なかなかアプリが見つからずイライラしてしまう。
アプリを探しているうちに他のアプリを開いてだらだらしてしまうこともある。
そんな無駄な時間を減らすために、ホーム画面を整理するためテクニックが知りたい。」

こういった疑問に答えます。

この記事を書いている私は、
2020年夏現在、約10着の服で過ごしているミニマリスト(見習い)。

財布は持たず、完全キャッシュレス生活を送っています。

私のスマホは目的のアプリをすぐ見つけることができ、だらだら時間も減少中です。

自分にとって快適なホーム画面を作るための、考え方や方法を実体験に基づき解説します。

スポンサーリンク

ミニマリストのホーム画面=アプリが少ないではない

ミニマリストのホーム画面=アプリが少ないではない

あなたのスマホ、アプリはいくつ入っていますか?

検索してみると、アプリは20個〜30個程度というミニマリストもいます。

私の場合、アプリやショートカット合わせて現在194個。

ミニマリストだからといって、アプリが少ない訳ではないんです。

なぜかというと、それはモノの代わりとしてスマホアプリを利用している場合があるから。

ミニマリストだからといって、アプリが少ない訳ではないんです。

ポイントカードアプリやネット銀行アプリは必須

ポイントカードアプリ

私は現在財布を持たない生活を送っています。
厳密には「手ぶら財布」という財布を使っています。

これはスマホに貼り付けるタイプのカードケースのようなもので、カードは2、3枚程度しか入りません。

そのため、かさ張るポイントカードは持ち歩かず、ほぼ全てスマホアプリで完結しています。

ポイントカードをスマホアプリにすることによって、モノとしてのポイントカードを減らすことができています。

ネット銀行アプリ

私は現在ほぼネット銀行を利用しています。

スマホ内にネット銀行アプリはいくつか入れていますが、ネット銀行を利用することによりモノとしての通帳をもつ必要が無くなります。

アプリが少ない=正義ではない

「それでもアプリは少ない方がスッキリするのではないか?」と思う人もいるかもしれません。

ですが、少ない=正義ではありません。
人それぞれ、必要なアプリの数は違うからです。

例えば以下2人の人を比較してみます。

  • Aさん:主婦、子ども2人と夫と4人暮らし。買い物はキャッシュレス派
  • Bさん:一人暮らし独身女性。買い物は現金派。

Aさんの場合、スマホには

  • 家族分のネット銀行アプリ
  • 家計簿アプリ
  • 撮影した子ども達の写真をアルバムで注文するアプリ
  • 子どもの写真を共有するアプリ
  • 写真加工アプリ
  • キャッシュレス用のアプリ(Kyashや〇〇payなど)
  • ポイントカードアプリ

が入っています。

Bさんの場合

  • ネット銀行アプリ→自分の口座だけ
  • 家計簿アプリ
  • 写真加工アプリ

くらいでしょうか。

結論、自分に必要なアプリは入れていてOKです。

AさんがBさんのアプリ数と同じくらい減らしたとしても、逆に不便になってしまうでしょう。

スポンサーリンク

ミニマリストのホーム画面、整理整頓のコツ

ミニマリストのホーム画面、整理整頓のコツ

ここからは実際にホーム画面を整理するためにどうしたら良いか、私が行った方法を説明していきます。

  1. 増えすぎたアプリを減らすことでスッキリする
  2. ページごとにアプリをまとめたり、フォルダを活用する
  3. マインドを変えよう

①増えすぎたアプリを減らすことでスッキリする

自分に必要なアプリは入れていてOKですが、不要なアプリは削除しましょう。

言うまでもないですが、利用していないアプリが入っていることでスマホの中がごちゃごちゃしがちになり見にくい。
それに容量も圧迫されます。

体験談:ゲームアプリを入れすぎた話

私、昔一時期かなりゲームアプリにハマっていました。

ふと久しぶりにゲームアプリを探そうと思った時に探していたアプリがなかなか見付からず、探すのに時間がかかってしまいました。

また、プレイしていないゲームアプリが数多くあることに気付きました。
その中には、サービスの提供が終了してしまい起動すらできないアプリもありました。

さらに試しにiPhoneのストレージ(容量)を確認してみたところ、プレイしていないゲームアプリがかなり容量を圧迫していました。
大きいゲームアプリだと約6GBほどでした。

不要なアプリ、つまり現在は使用していないアプリや提供が終了したアプリは積極的に削除してOKです。
最悪、また必要になればインストールすることができます。

②ページごとにアプリをまとめたり、フォルダを活用する

アプリを削除後、残ったアプリはフォルダでまとめよう。

なぜなら、アプリを1つずつダラダラ並べるよりある程度まとめた方が探しやすくなります。
それに見た目もある程度統一感が出ます。

まとめ方

例えば、用途別にまとめたり、色別にまとめると分かりやすいです。

私は用途別にフォルダ分けしています。具体的にはこんな感じです。

ページごとにアプリをまとめたり、フォルダを活用する

  • ポイントカード:Tポイントアプリ、よく行くホームセンターのポイントカードアプリ
  • ネットバンク:住信SBIネット銀行、ソニー銀行、楽天銀行などネット銀行のアプリ
  • 家計簿:家計簿アプリやクレジットカードの請求額が分かるアプリ
  • 写真加工:LINE cameraやPhotoshop Fixなどの写真加工アプリ
  • ゲーム:パズドラやモンストなどのゲームアプリ

また、色別にアプリを分けている人もいるようです。

フォルダ分けすると見やすいのでオススメ。

③マインドを変えよう

「アプリの数を減らして、フォルダ分けすれば良いんでしょ?」と思った方。

それだけでは足りないです。+マインドを変えないとリバウンドします。

考えて見てください。
「さあ、アプリを減らしてフォルダ分けするぞ」と意気込んで整理します。

その一時はあなたのスマホの中は綺麗になります。

でもその後、「このアプリちょっと入れてみよう」と大量のアプリをどんどん入れ続けてしまえば、結局使わないアプリが増え、ごちゃごちゃなスマホの出来上がりです。

我が家の夫はリバウンド→ダイエットの繰り返し

これはスマホだけでなく、全てに言えることです。

例えば、私の夫がまさにこのタイプ。
我が家では、夫専用の仕事用品や私物の一時置き場を用意しています。
はじめは綺麗でしたが、だんだんと物が溜まっていくんです。

  • あと少しだけインクが残っているマーカーペンやテープ類
  • 使用後また使うか捨てるかよく分からない軍手
  • 食べかけの飴やガム(ずっと置きっぱなしで、もはや食べるか分からない)
  • 食べ終わった飴やガムのごみ
  • タバコの空箱

などなど。とりあえず一時置き場に置いてしまうんです。

夫に「そろそろ片付けたら?」と促し片付けてもらいますが、またどんどん溜まっていくんです。

なので結局、継続できるかは自分の気持ち次第。

マインドを変えるために、良さそうな本をまとめてみました。
興味のある方はどうぞ。

ABOUTこの記事をかいた人

タムきち

7歳の娘(広汎性発達障害最重度)と2歳の息子(広汎性発達障害軽度)とパパの4人で暮らし毎日奮闘している31歳のママ。(会社を辞め、現在フリーランスとして活動中) 楽しそうでブログを始めました。 iPhone、Macやガジェットがだいすき。最近はミニマリストに憧れていて、ミニマリストの考え方や手持ちアイテムなど紹介していきたいと思っています。