【Googleアドセンス】いざ二次審査へ!審査の手順を説明しますよ

slooProImg_20160429175641.jpg

Googleアドセンスの審査に通り、ウキウキしているタムきち(@tamukichi.net)です。
もうね、5回も審査に落ちたけど理由がよく分からないまま戦い続けた日々が本当に辛かったです(笑)
そんな私でもなんとか出来たので、まずは手順をお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

二次審査の手順

一次審査通過後、実際にGoogleアドセンスの広告を作成し、その広告を自分のサイトへ貼り付けることにより二次審査を受けることができます。

広告の貼られたサイトを機械的、実際に人が確認し広告を提供するに値するサイトかどうか確認するんですね。

この二次審査を通過することができれば、晴れてアドセンスを設置することができます。

メールは届きましたか?

前回の一次審査の記事の最後でも少し触れましたが、このようなメールを受信することで二次審査を受けることができるようになります。

【Googleアドセンス】一次審査を受ける手順と方法

2016.04.29

メール本文中の「今すぐ利用を開始」でもいいですし、直接Googleアドセンスへアクセスしログインして始めることもできます。

Googleアドセンスへログインしてみる

私は直接Googleアドセンスからログインしてみたので、ここでもそのように説明していきます。

前回の申し込み時同様、Googleアドセンスへアクセスします。

➡︎オンライン ビジネス – ウェブサイトの収益化 | Google AdSense – Google

▼今回は右上の「ログイン」を押します。

またメールアドレスやパスワードを求められるので入力します。

広告ユニットの作成

ここでは実際にサイトに貼り付ける広告の作成を行います。

▼左上の「広告の設定」から「新しい広告ユニット」を選択します。

▼いくつか入力、選択項目があります。

  • 名前:分かりやすいものであればなんでもいいです。今回だと広告のサイズを自動サイズのレスポンシブにしてみるので「レスポンシブ」とか。
  • 広告サイズ:色々なサイズがあり、好きなものを選択することができます。ここはとりあえず推奨されている、自動で適切なサイズの広告にしてくれる「レスポンシブ」とします。
  • 広告タイプ:テキスト広告、ディスプレイ広告のみなどいくつかありますが、推奨されている「テキスト広告とディスプレイ広告」で。

最後に「保存してコードを取得」を押します。

広告のコードをコピーする

▼こんな画面が出てくると思います。

このコードをコピーして自分のサイトに貼り付けます。

コードは長いので、必ず全て選択してコピーしよう

広告のコードの貼り付け方が分からない方

▼WordPressの画面から「外観」「ウィジェット」を選択します。

▼「利用できるウィジェット」の左側から「テキスト」を右側の「メインサイドバー」へ移動させ追加します。
これでメインサイドバーにテキストが入力できるようになります。

▼テキストを追加したら、内容に先ほどの広告ユニットのコードを貼り付けます。
これでメインサイドバーに広告が設置できました。

私の場合、WordPressのテーマで「ハミングバード」を使用しているため、若干画面の表示が異なるかもしれませんがご了承ください。

すぐにはお返事はきません

広告の貼り付けが完了すると、サイト上には何も広告は表示されていないけど広告のスペースができます。

私の場合は広告を貼った翌日にはお返事がきていましたが、他の方のブログを拝見すると
週間や2週間の場合もあるみたいです。

私は何回も落ちては何回も再審査行っていたから、審査が早かったのでしょうか。
何にせよ個人差があるようです。

ちなみに審査が通った場合には、何も通知がなく空白のスペースだった広告が表示し始めるか、審査に通過した旨のメールがくるようです。

▼私の場合はこんなメールでした。

スポンサーリンク

おわりに

二次審査、大変でした。
私はiPhoneの通知センターに「おめでとうございます!」って通知が来てたので、思わずその場で「ついにやったぞー!」って叫びだしそうになりました。
職場でお昼休憩中だったので心の中で叫んでましたが(笑)
審査を受けているみなさんにも、早くおめでとうメールが届きますように。

ABOUTこの記事をかいた人

タムきち

医療機関で働きながら、4歳の娘とパパの3人で暮らし毎日奮闘している28歳のママ。 楽しそうでブログを始めました。 iPhone、Macやガジェットがだいすき。最近はおしゃれにハマっていて、購入品紹介やコーディネートの記事が多いです。 「WEAR」始めました。 ➡︎「WEAR」でたむきちのコーデを見てみる